TON(Telegram Open Networkプラットフォーム)の進行具合の報告

13.02.2019
in: ニュース

開発者チームは、ブロックチェーンプラットフォーム「TON」のユニークなアルゴリズムを作成することに時間がずいぶんかかりました。その理由で、テストネットのローンチ期限は、以前に発表された期限(2019年1月末)と違って、2019年3月末になる予定です。

2019年2月現在のTONの進行具合

現在は、ブロックチェーンのコアは、95%完了しています。テストネットは、3月に投資家に紹介されたら、サードパーティーの開発者にアクセスさせる計画です。3月末には、メッセンジャーの全てのユーザーのために、ブロックチェーンTONの実用的なバージョンを立ち上げ予定です。

ネットワーク内のコンセンサスのアルゴリズムをみていきましょう。その実装は、プルーフ・オブ・ワーク(例: ビットコイン)というアルゴリズムに基づいていません。理由は、多くの計算リソースが必要であることです。Telegram Open Networkには、プルーフ・オブ・ステーク(PoS)の一種が使われています。バリデータは、トランザクションの検証をするために、次の保護方法を利用しています。参加者がブロックチェーンに新たなブロックを作成する確率は、コインの保有量に比例します。

それは、偶然の決定ではありません。そのおかげで、報酬から見ると、Gramのバリデータの市場は、サードパーティーの開発者にとって(特に、機敏で、日の当たる場所に出ることができる開発者にとって)有望になれます。とりわけ、バリデータになるのは、どなたでもできますから。

Gram仮想通貨とTONプラットフォームに関する最新ニュースを知るように、 TONニュース. チャンネル登録よろしくお願いします。
1

カテゴリー