TELEGRAM OPEN NETWORK

「Telegram Open Network」(TON)とは、メッセージアプリのテレグラムのブロックチェーンプラットフォームのことです。仮想通貨名は、「GRAM」で、その通貨でプロキシ、DNS 、ストレージなどのプラットフォーム内のサービスの料金を支払うことができます。

TONブロックチェーン

ニコライ・ドゥーロフ(Nikolai Durov)氏は、初期段階で ホワイトペーパー では、自分自身にもTelegram Open Network開発チームにも世界で最も完璧なブロックチェーンの実現という超複雑な目標を立てました。TONは、現在のICOを行うプロジェクトの以下のような問題点を解決するべきです。

1. 取引スピード TONで取引スピードは、数秒しかかかりません。ということは、処理スピードがVisaやMastercardという決済システムのような速度で、世界の送金や支払の市場で代替になる可能性が高いです。世界で最も人気のある仮想通貨ビットコインと比較して、取引の処理スピードは、24時間以上 遅くなることが少なくないです。

2. 詐欺の防止  TONは、ビットコインの代わりに、世界で主な仮想通貨になる可能性があるので、分散型システムの欠点を自分の利益のため悪用している詐欺者の行為に防止対策を考える必要がありました。テレグラム開発チームは、51%攻撃、それに、フォーク (ブロックチェーンが独立した仮想通貨に分岐すること)の確率を低くすることを目指しました。

3. 法的規制 様々な国の政府は、テレグラムの仮想通貨を法律で規制されている可能性も見越すのが必要でありました。

スケーラブル 無限のシャーディング
速い ハイパーキューブルーティング
インスタント オフチェーン取引

以上に述べた問題は、以下のように解決するようになりました。

  • 無限のシャーディングとオフチェーン取引 ネットワークの伝送路容量、その結果、取引処理のスピードを高くするように、TONには、いくつかの革命的な手段が利用されています。一番目なのは、無限のシャーディングです。現在のブロックチェーンの問題は、マイナーが保管している全ての取引履歴がすでに100 GB以上の大きさに達しています。そのせいで、ブロックチェーンの先のスケーラビリティが不可能になります。TON は、シャーディングを使用して、その問題を解決します。(シャーディングというのは、ブロックチェーンが独立した部分に分割するということです。それぞれの部分は、自主的で、様々ななシェアードの取引伝送がまれです。) そのおかげで、マイナー(TONにバリデーターと呼ばれている人物)に使われているディスクの容量も低くなるし、ブロックチェーンの過程も速くなります。

    もう一つの革命的な革新は、ブロックチェーン上で記録されない取引、つまり、オフチェーン取引です。記録されている取引よりそんなに確実ではないのですが、スピードが速くて、手数料もかかっていません。(バリデーターがそのような取引を承認していないので、バリデーターに手数料を支払う必要がないのです。)もし、あなたは、シャーディングやオフチェーン取引などの用語が難しくて、分かりにくいと思ったら、私たちののプロジェクトに関する インスタグラム(Instagram)のアカウント をフォローしてみるのがお勧めです。TONブロックチェーンの全てのご不明な部分を簡単明瞭で、ご説明いたします。
  • チェインにブロックの訂正 TONに詐欺行為を防止する手段がいくつかがあります。TONは、他のブロックチェーンと同じように、ビザンチン将軍問題も解決しました。その上、ドゥーロフ兄弟のブロックチェーンは、チェーンに詐欺として特定された元のブロックを訂正できるブロックチェーンです。これは、縦型ブロックチェーンという手段です。その手段によると、詐欺にあったブロックの上に訂正の指示を含んでいるブロックが追加されて、つまり、二次元のブロックチェーンというものが形成されます。TONにブロックの訂正についてもっと知りたいなら、テレグラムチャンネル 登録よろしくお願いします。
  • テレグラムパスポート 大規模のテレグラム・オープン・ネットワークというICOは、大多数の国で金融規制されるのが当然です。仮想通貨の市場は、歴史を持っているので、仮想通貨は、たくさんの国で法律で規制されているのが事実です。より多くの国では、KYC( Know Your Client というのは、顧客確認のこと)という法が定められています。KYC によれば、仮想通貨のウォレットを持つのが架空の人物や法人ということを避けるため、本物書類の確認の手続きが求められています。理由は、税金滞納、テロ支援、禁止された商品の販売(例:武器、麻薬、奴隷売買)を防ぐことです。

    その問題を解決するため、TONには、テレグラムパスポート が使用されています。この機能により、ユーザーは、自身の本人確認書類(パスポートや運転免許証など)をアップロードして、そのデータは、テレグラムで暗号化されて、ある国々の法律に従って個人データを要求する決済サービスにワンクリックでアクセスさせられます。

    その手段の特徴は、テレグラムパスポートというメッセージアプリのベースに本人書類のスキャンを公開しないという仕組みです。それで、TONは、個人データ保護規則法に従うことがなくて、ユーザー自身は、身分を明らかにしたくない限り、ある国家の政府がメッセンジャーのユーザーの身分を特定できません。その上、KYCの手続きをするのは、テレグラムじゃなくて、本物の紙幣(不換紙幣)を使用しているパートナー組織(決済システム)です。

    で、Gram (TONの仮想通貨)の売買をしたい場合、TONのパートナー組織の決済システムを利用しなければなりません。為替をする前に、本人確認の手続きをするのが必要です。テレグラムパスポートに関するもっと情報なら、適当なウェブページは こちら。Telegram Open Networkについてもっと質問をしたいなら、Quoraアカウントを登録よろしくお願いします。私たちは、必ず答えをしてみます。それに、アカウントには、よくある質問の答えが見つけられます。

TON P2Pネットワーク

TONプラットフォームは、(トレント・ネットワークと同じような)P2Pネットワークという仕組みを用いて、テレグラムメッセンジャーの各クライアントが統一的なピア・ツー・ピアネットワークで繋がっています。分散型サーバーのおかげで、民主政体がない国家の政府による検閲を迂回することができます。

さらに、TONプラットフォーム内では、サードパーティーの開発者は、自分の公開プロキシを創造することができます。プロキシを使用すれば、TON のIPアドレスが様々な国家でブロックされても、ユーザーは、TONプラットフォームをアクセスすることができます。新しいプロキシが必要だったら、特別なテレグラム・ボットを追加してみてください。

TONストレージ

TON Storageとは、テレグラムメッセンジャーがインストールされたクライアント・デバイスの一部にデータを保管している分散ファイルストレージ技術のことです。ファイルの保管と配布をすろのは、それを確かに承知したデバイスだけです。TONファイルストレージの仕組みは、トレントのようなものです。しかし、トレントネットワークに反して、TONストレージにディスクストレージを預けるユーザーは、報酬としてGram仮想通貨が受けられます。その上、もっとディスクストレージをもらいたいユーザーは、組み込まれている仮想通貨でストレージの料金を支払うことができます。

ユーザーは、TON DNSという技術を使用して、必要なファイルを見つけることができます。情報が政府にブロック、検閲、情報の保管所が追跡されるという恐れが気にかかって、TONストレージのチャンネルが暗号化されるようになりました。TONのファイルストレージの匿名性が確保されるのは、TON ProxyでIPアドレスをプロキシサーバー経由で隠すのためです。トレントと同じように、TONは、集中型サーバーがないので、サーバーダウンやサーバーブロックの恐れがなくなります。

さらに、TON Storageは、エコシステム上でTON Servicesという分散型アプリケーションのプラットフォームを持っています。TON Servicesを使用するサードパーティの開発者は、TONストレージ上でYouTubeのようなサービスを実装することができます。つまり、ユーザーは、動画のストリーミング、検索、目録作成ができるし、お勧め動画という機能も使うことができます。同じことは、音楽、本、ゲームなどのコンテンツにも適用されます。

TONプロキシ

民主政体がない国家の検閲機関による制限を迂回するように、テレグラム・オープン・ネットワークに組み込まれて、サードパーティーの開発者が構成できるプロキシがあります。TON Proxyは、ユーザーがTONプラットフォームのサービスを検索したい場合、IPアドレスを隠すために使用されるアノニマイザの機能を備えるサービスです。そのおかげで、検閲機関は、IPアドレスから政治活動家を特定して、追跡するのが不可能になります。TONプロキシは、P2Pネットワークという技術を利用して、Torのアーキテクチャのようなものです。

TON Proxyの仕組みなら、特定されて、ブロックされられる集中型サーバーのIPアドレスが用いらないんです。ある地域でTONプラットフォームのブロックを回避するために、TONクライアントは、集中型サーバー軽油で接しません。さらに、監視の役目を果たしている機関は、ネットワーク上のトラフィックのパケットも監視できません。TONクライアントは、自分のトラフィックのパケットにランダム値を追加して、その瞬間にどんなサービスがそのパケットを送るのか特定するのが不可能になりますから。で、TONプロキシのおかげで、監視の役目を果たしている機関には、プラットフォームをブロックする方法がないんです。

もう一つの重要な革新なら、TONにはTorに使用されているオニオン・ルーティング(Onion routing)じゃなくて、ガーリック・ルーティング(Garlic routing)という手法が使われています。ガーリック・ルーティングのおかげで、ネットワーク上でデータ転送は、「ワントゥワン (one-to-one)]技術だけじゃなくて、ダークネットサイトを作成させる「ワントゥメニー (one-to-many)」という技術も使用されます。これは、TON Servicesの仕組みに必要な条件です。

TON Storageと同じように、サードパーティの開発者は、ネットワークのユーザーにプロキシを使わせて、Gramで利用手数料をもらうことができます。無料で、新しいプロキシが必要だったら、特別なテレグラム・ボットを追加してみてください。

TON DHT

DHTとは、ランダム値の保管のための分散ハッシュテーブルのことです。TONには、分散ノードの検索、TON Storage経由でファイルの検索、それに、TON Proxyに中間ノードの検索のために利用されています。ハッシュテーブルは、暗号化されているストレージではないので、セキュリティーが厳しくないデータを保管するために利用されています。

TONサービス

TONは、分散型アプリケーションの作成をさせるプラットフォームのことです。そのアプリケーションの開発をしているのは、サードパーティの開発者です。その開発者は、Gram仮想通貨でアプリケーションの利用手数料やアプリケーション内の商品購入の料金をもらうことができます。

TONサービスには、TONネットワークにある二つのアプリケーション型が入っています。

  • TON Sitesは、通常のウェブサイトに類似したアプリケーションで、コンテンツを含んでいるページ、データ入力フォーム、エコシステム内のハイパーリンクなどのものがあります。TONの主な特徴なら、TONは、クライアントデバイスに分散しているアプリケーションなので、国家にされたドメイン名ブロッキングが不可能になります。
  • Fog Services(フォッグサービス)、すなわち、霧のかかったアプリケーションという意味です。それは、モバイルアプリケーションに類似したアプリケーションで、Google Play やAppStore などのアプリケーションストアにも政府にもブロックされるようになりません。アプリの更新は、ネットワーク内で分布していますから。テレグラムメッセンジャーは、第一のフォッグアプリです。

TONは、自分のインタネットのブラウザになります。TON Storageは、通常のストレージサービスのようなものです。で、TONブラウザ、TONストレージ、TON DNSの組み合わせは、現実のインターネットのインフラストラクチャーのようなものです。TONネットワークで現れるサイトやアプリケーションなどのリンクをもらいたいなら、ツイッター(Twitter)、または、テレグラムチャンネル登録よろしくお願いします。

TON DNS

TON DNSは、通常のインタネットと同じように、アカウント、スマートコントラクトサービス、分散型アプリケーション、およびネットワークノードに人が読める名前を割り当てるためのサービスです。DNSのおかげで、TONサービスのアドレスを入力できるし、友達とリンクをシェアすることができます。新しいTONサイトのリンクをもらいたいなら、テレグラムチャンネル登録よろしくお願いします。

TONペイメント

これは、Gram仮想通貨を基本通貨(Gramに限らないのに)にするプラットフォームです。TON内では、様々な仮想通貨のトークン送金が可能です。TON Paymentsは、ユーザーウォレットの間の送金だけじゃなくて、分散型アプリケーションのマイクロペイメント、TONプロキシ、TON DNS、TON ファイルストレージの手数料も支払うことができるプラットフォームです。TONエコシステム内でグラムで何を購入できるのか知りたいなら、テレグラムチャンネルをご登録してください。

TON 外部で、安全な個人ID(テレグラム パスポート)

世界各国の政府にブロックされないように、TONには、完全に匿名の決済取引が不可能になります。その上、仮想通貨の売買取引が多数の銀行に断れるせいで、バンクカードで仮想通貨の売買が難しいです。それが原因で、TONには、TON 外部で、安全な個人ID(テレグラム パスポート)というもの軽油でユーザーの随意の個人認証がされます。

Telegram Open Networkに、ユーザーが身分をを明らかにするのは、自分自身が決めましたから、または、決済取引をするためにTON Serviceの持ち主が要求しましたから。例えば、Gramをドルに換えて、ユーザーのバンクカードに送金のためです。

Telegram Passportは、本人確認機能を持っているサービスで、データストレージに関連して、スキャンされた書類でユーザーを確認することができます。ユーザーは、自身の本人確認書類をサービスにアップロードして、その個人データが個人キーで暗号化されて、ユーザーが身分をを明らかにしない限り、誰にも(TONチームにも)アクセスされません。

TON個人データには、PayPalなどの人気がある決済システムで使われている本人確認書類が含まれています。例えば:

  • 写真
  • スキャンされたパスポートや運転免許証などの身分証明書
  • スキャンされた公共料金の請求書(住所の確認のため)
  • バンクカードの情報

ユーザーは、自身の個人データを明らかにするのが断れて、それが要らない他TONサービスを使うことができます。しかし、バンクカードに関わるサービスなら、個人データが判明するのが必要な条件になります。

ユーザー自身がアクセスさせない限り、誰もユーザーの書類にアクセスがないんです。その原因は、ユーザーのみがTONサーバーに暗号化されて、保存されている書類の暗号が解けて、TONチームにも書類にアクセスがないことです。

ユーザーの書類の確認手続きをするのは、Telegramではなくて、契約条件として書類を要求するサードパーティーのサービスの職員です。ユーザーの個人情報を明らかにするのは、暗号解を有する書類のバリデータのみです。にもかかわらず、バリデータは、取引の暗号解を持っていないので、取引やユーザーのファイルを解読できません。

TONには、Telegramじゃなくて、ユーザーのみが自身の個人データを保存します。そのおかげで、Telegramは、多数の国にある個人データ保護規則法(ある法によると、国外で個人データを保存するのは禁止)を迂回することができます。Telegramは、個人データの暗号解を有しないので、法律執行機関の要求も断って、ユーザーの書類のバリデータ(サードパーティーの会社)に責任を負わせます。

テレグラムパスポートの使い方と書き入れ方に関する情報なら、適当なウェブページはこちら